ハンコの種類・目的別で印鑑と実印の違いを知りこだわりを持とう

SITEMAP

様々な印鑑

ハンコの種類と目的について

印鑑とは、ハンコで押され紙に印されたもののことをいいます。ハンコのことを印鑑と表現される場合がありますが、それは間違いでハンコのことは「印章」といいます。私たちは印章をいろいろ場面で使用しています。宅配便や郵送物の受取などで使用する認印。金融機関の手続きで使用する銀行印。市区町村役所で印鑑登録をおこない印鑑証明が発行された実印。認印は「ミトメイン」や「ニンイン」と読みます。「私はその書類に目を通しました」という意味で押印します。銀行印は金融機関で行う出納(お金の出し入れ)に使用する印章なのでとても重要です。「お金がタテに流れない」という縁起を担いで名と性を横書きにする習慣があります。
実印は一番重要な印章です。「本人に間違いありません」という意味があります。実印は本人そのものです。個人で用意する印章はこの3種類を用意したいところです。銀行印と実印とを同じ印章で使用する方もいますが、私は別々に用意したほうがいいと思います。銀行印と実印は明確に使用目的が違うからです。また苗字と名の両方を印章に入れることをお勧めします。偽造をされにくくする為です。印章の素材も重要です。象牙をお勧めします。象牙だと硬すぎずに紙に吸い付くように押印できます。印影もはっきりと出ます。一生使い続けるものなのでこだわりたいものですね。

印鑑と実印とは何が違うのか

大切な契約書などに押印する時、たいていは実印を指定されます。印鑑は持っているけれど、これは実印なのか、実際に戸惑われる方も多いようです。今回は印鑑と実印の違いについて、解説していきたいと思います。まず、実印ですが、これは印鑑を市区町村で登録したものを指します。登録する印鑑は、極論を言えば何でも良く、今まで認めに使っていた印鑑でも、新たに発注した豪華な印鑑でも構いません。ただし、登録した印鑑は法律上、実印としての効力を持ちますので、その管理には十分注意する必要があります。印鑑を登録すると、市区町村で印鑑証明書を発行してもらえます。
これは、契約書に押印した印鑑が、実印であることの証明書の役割を果たしますので大切であると同時に、実印と印鑑証明書は2つでセットということになります。このように、理解してしまえば簡単なのですが、豪華な印鑑が実印であるというような、間違った考えを持っている人もいますので、機会があれば正しい知識を教えてあげましょう。では、実印を変更したい場合はどうすればよいのでしょうか。この場合は、先に登録した印鑑の廃止手続きを行います。一旦、実印を無くしてしまう訳です。その後、上記の印鑑登録を新しい印鑑で再度行い、手続き完了となります。なお、ほとんどの市区町村では、印鑑カードと言って、印鑑証明書を簡易に発行できるカードを渡してくれます。

通販で印鑑を購入する際の金額と注意点

「印鑑」って、大事な時に使うことが多いので、あまり妥協したくありませんよね。私は通販で購入した経験があります。それで分かった、皆さんが一番気になる「費用」と「ポイント」をお伝えしたいと思います。
通販で購入した際にかかる費用(それなりの良いものを買った場合)銀行&実印セット 8,000円ほど2つともアタリのオプション 2,000円ほどシャチハタ(キャップレス) 1,300円ほど合計で11,300円ほどしました。
通販購入上の注意点は3つあります。1つ目は、レイアウト校正きちんとした通販サイトでは、判を押したときのレイアウト画像が送られてきます。それを修正したい場合はもちろん無料で修正依頼できます。妥協したくない方はぜひ「レイアウト校正」ができる通販サイトを選びましょう。2つ目はケースです。ケースは100円ショップにも売っているので、こだわらない人もいるかと思います。ただ、丈夫なケースでないと印鑑の破損も考えられます。しっかりとしたケースを選ぶほうが無難でしょう。3つ目は、アタリです。「アタリ」とは判を押すときの方向の目印となるものですが、通販サイトではこれが「オプション」でしかついてこないことが多いです。間違って逆さまに押してしまった!という失敗がないように、アタリはつけておいたほうが良いです。多少お金がかかってもアタリのオプションはつけましょう。これらに気を付けて通販で購入した私は、今の印鑑に大変満足しています。

安心して使用することができる印鑑なら印鑑市場がお勧め。防犯面に優れた印鑑を安価な料金で手に入れることができる通販サイトです。印鑑を購入しようとお考えなら、是非ご覧ください。

RECOMMENDED ARTICLE