ハンコの種類・目的別で印鑑と実印の違いを知りこだわりを持とう

SITEMAP

様々な印鑑

印鑑が完成するまでどれ位の日数が必要か

印鑑の業者は、しばしばスピードをアピールしています。それぞれの印鑑会社の公式サイトなどを見ますと、「翌日」という表現も目立ちますね。依頼をした翌日中には自宅などに届くケースも多いのは、確かに助かります。ところがその翌日というのは、実は最短日数なのですね。状況によっては、多少の日数が必要な事もあります。それがどれ位になるかは、正直ケースバイケースなのですね。
基本的には、印鑑を作る手間に左右される傾向があります。そもそも上記のように短時間で印鑑を作成できるのは、機械で作っているからです。確かに機械作業ならば効率的ですね。ところが人によっては、機械で印鑑を作成してもらうのは、あまり望ましくないと思っている事もあります。同じ印影になってしまうと困るので、手作業でそれを作成した欲しいと望む方々も居るのですね。その場合は、多少の日数を要する傾向があります。少なくとも手作業になる以上は、機械作業と比べれば手間が大きいことは間違いありません。それだけ多くの日数は必要なのですね。状況により、数週間前後かかる事もあります。
つまり簡易的な印鑑ならば、比較的速やかに作れるわけです。手間が大きな製品となると、多くの日数を要する訳ですね。ケースバイケースとは、そのような意味です。

RECOMMENDED ARTICLE