ハンコの種類・目的別で印鑑と実印の違いを知りこだわりを持とう

SITEMAP

様々な印鑑

耐火性と欠けに関する特長がある材質

印鑑には、様々な状況が起こり得ます。それだけに、それに対しては耐久力が求められるケースも目立つのです。結論から言えば、耐久力を求めるならば、チタン材質などが推奨されます。なぜならそれは火と欠けという2つのメリットがあるからです。まず後者の欠けは、印鑑の繰り返しの使用によって起こり得るものです。何回も捺印を続けていれば、いずれ印鑑が欠けてしまう可能性はあるでしょう。もちろんそれでは、印影などが変化してしまうものです。
ところがチタン材質の場合は、耐久力が極めて優れています。簡単には欠けない材質なので、多くの方々が好んでいる訳ですね。そして前者の火に関する要素も、意外と軽視できないポイントになります。あまり事例は多くありませんが、印鑑に対して火が付いてしまう確率もゼロではありません。もちろん火を浴びてしまえば、印鑑が燃焼してしまう可能性は大いにあるでしょう。チタン材質には、耐火性に関する特徴があるのです。非常に燃えづらい材質なのですね。印鑑が燃えてしまう事例は非常に少ないですが、やはり万が一の事態を考慮すると、やはりチタン材質のメリットは大きいでしょう。このように耐久力が非常に優れているのは、チタンの大きな魅力といえます。

RECOMMENDED ARTICLE